給料の中で、自分が自由に使える割合

給料の中で自分が自由に使える割合というと、ほぼ100%です。

給料の中で、自分が自由に使える割合

給料の中で自分が自由に使える割合というと、ほぼ100%・・・

給料の中で、自分が自由に使える割合
給料の中で自分が自由に使える割合というと、ほぼ100%です。
それを言うと、うらやましがられることも多いのですが、はっきりいって使うことがほぼないので、貯金してばかりです。

だいたい、使うにしても子供の新しい服が欲しいなと思った時に、気に入ったものがあれば買ったり、家族で食事に行きたいなと思ったら、連れて行ってもらって自分で払ったりする程度で、自由に使っていいといわれても、ほぼ家族のために出しているようなものです。

ほかに使うことが多いのは、友達とのランチやモーニングなどの食事です。
友達とのお付き合いにかかるお金は、やはり家計から出すのはためらわれるので、自分の給料の中でやりくりしています。ですが、友達はだいたい私と同じで小さい子供がいる年齢なので、夜に飲みに行ったりするのはごくごく稀です。
忘年会程度なので、休日に子供を見てもらって、おしゃれなカフェでケーキセットを食べたり、食べ放題にいってガッツリ食べたりする程度です。

ですが老後も不安なので、もっと計画的に使おうと思っています。

社会人になったばかりのころ、一番の楽しみは、やはりお給料日でした・・・ (女性 43歳)

社会人になったばかりのころ、一番の楽しみは、やはりお給料日でした。
お給料は指定の銀行に振り込まれるのですが、昼休みに銀行のATMで通帳に記帳し、残高を確認するとき、1ヵ月頑張ったことが報われるような気がして、とても嬉しかったことを今でもはっきりと覚えています。
その後、キャリアアップを目指して転職をして、今は当時よりもたくさんお給料をもらえるようになりました。
ちなみに、もらったお給料の中で、自分が自由に使える割合は2割ほどです。

私は一人暮らしをしているため、家賃や光熱費などをお給料の中から支払っています。他にも食費など、絶対に必要になるお金があります。さらにその中から、習い事のためのお金も必要ですし、毎月決まった金額を貯金しています。だから、実際に自由に使えるのは全体の2割ほどになってしまうのです。

その2割を趣味や交際費に充てています。また、時に化粧品や洋服を購入し、好きなことに使っています。
これからもっとキャリアアップをしてお給料をたくさんもらえるようになれば、自由に使えるお金も増えていくので、がんばりたいです。

Copyright 2014 給料の中で、自分が自由に使える割合 All Rights Reserved.